厚底シューズ使用を禁止

本日担当の花野です。

トップ選手の多くが使っているナイキの厚底シューズに対し、使用を禁止するとの報道が。

気になるオリンピックへの影響は。

数々のレースで好記録を生み出し、今、陸上長距離界を席巻しているナイキの厚底シューズ・ヴェイパーフライシリーズ。

このシリーズについて、イギリスのメディアは15日、世界陸連が底の厚さに制限を加える規則を設けるとして、大会での使用が禁止される見通しであると報じた。

10区中7区間で新記録が出た2020年の箱根駅伝では、およそ8割の選手がこの厚底シューズを使用。

2019年に行われた東京オリンピックの代表を決めるレースでも、日本記録保持者の大迫選手をはじめ、上位の選手のほとんどが履いていたほか、現在のマラソン世界記録保持者は男女ともナイキの厚底シューズを履いていた。

いったい、このシューズはどういった点がすぐれているのか。

現役のマラソンランナーで、自らも歴代のこのシリーズを全て履いた経験があるプロシューズアドバイザーの藤原岳久さんは、「とにかく重量がめちゃくちゃ軽い。軽くてクッションがあって、カーボンプレートがスプーン状に入っている。水の上をアメンボになった気分。水の上を、ずっとノークッションで走っている感じ。革命です」と話した。

靴の技術も人間の身体も日々進化しているので全員が使用すれば条件は同じになるのであれば特に使用禁止にする必要はないのでは…と個人的に思う記事でした。

いえとち本舗(いえとちほんぽ)で、家・土地・ローン、すべてお任せ!

金沢市内・白山・野々市・内灘・津幡・能美…などで新築・中古問わずマイホームをお探しの方!アパートなどの賃貸で家賃を月4万円以上払っている方!

マイホームに関するお悩み・不安をいえとちで解消しませんか?例えば…

「自営業の自分でも住宅ローンは組める?」

「頭金っていくら必要?なくてもいいの?」

「勤続年数が少ないから住宅ローンが通るか心配」

「住宅ローンが通らないという経験をしたので諦めている」

「年収400万の自分だと住宅ローンはいくら借りれる?」などなど、住宅ローンに関するお悩みはもちろん、建物のこと、土地の選び方もご相談に乗ります♪

まずはホームページをご覧下さい!→ http://ietoti-kanazawa.com/