海の向こうと壁の向こう

こんにちは、1月29日の記事です。
あんまり寒くないです。お元気ですか?
さすがに雪が恋しくなってきた、北陸暮らしの自分です。

中国では新型のウイルスが大変なことに。
感染拡大が続いており、アジアの一画として日本も無関係ではいられません。
現地からの邦人退避も本格的になってきたようです。
日本の観光地では中国からのお客を失い、これも大変です。
こういう時に、健康のありがたさが身に沁みます。
体は大事にしたいものです。

でも、病院に行くタイミングって難しいんですよね~
少しの熱、ちょっとした咳で「大変だ!」と診察を受ける人って、あんまりいない気がします。
特に働く世代の大人には、いろいろ事情もありますし。

ネットか何かで現地の病院の様子を見ました。
感染を心配して押し寄せる人たち、対応する医療関係者、隔離や治療のために対策が進む建物。
命に係わる事態なので全員真剣です。切羽詰まっていました。
実に不謹慎ながら、映画やドラマで描かれる終末世界を頭に浮かびました。
どんなに抵抗して、どんなに知恵を絞っても、いずれ地球上から人類はいなくなる。
一瞬その景色が見えた気がしたのです。
まあ、そのころには自分はとっくに塵と化して消えていますが。


病院のすりガラスの向こうに何があるのか。
助けを求められていても、見えず、何もできません。

それでは。

 

人生を見直して家を建ててみませんか?家を建てることは、人生のビッグイベントですよね。ならばその際に、こらからの人生のことを考えて、これからのライフプランに合ったお家を建てませんか?まずは今までの生活のことを振り返って、いつ家を持つべきなのか、自分が持つべき家とはどんな家なのか、いえとち本舗と一緒に考えてみませんか?スタッフ一同皆様のご来店お待ちしております。