脱低炭素

本日担当の上田です。

今日はいえとち本舗で取り組み始めたことをご紹介させて頂きます。

これまで、いえとち本舗が取り組んでいること。

低価格で品質のいい家を提供するために注文住宅を辞め、規格パッケージ住宅を提供させて頂いていること。

そうすることが、人件費を大幅にカットでき、無駄がなく、品質を保ちながら低価格な家を提供できるようになりました。

お客様にとっては、低価格だけども品質が保証された家を提供でき、私共も建築業界の、たくさん見積をし、設計を何度も繰り返す、でも採用されない。挙句には他社で契約される。そういった無駄がなくなったわけです。

そして次に更なる品質の向上を目指し取り組んだのが、全棟ZEH基準クリアーした住宅。

電気代がとても安くなる家にして、安くなった分の電気を自然エネルギーを活用して使う以上に創る。(太陽光発電や風力発電)そうすることで電気代を0円に近づけ、更にはそれが二酸化炭素排出量の削減につながり、世界規模の地球温暖化防止に貢献できるというものです。

国は2050年までには全ての家をZEHにしたいと言っています。

車もガソリン車を無くす動きで進んでいるのと同様です。

低価格でも規格住宅だから、国の目指す方向と同じ方向で取り組めるのです。

自分達だけの満足を求めていた今までの家から、地球環境にも貢献できる家への変化が求められています。

一緒に叶えて行きませんか。