「顔写真が気に入らない…」実は免許証写真いつでも変更可!

本日担当の花野です。

2019121日の道路交通法改正により、免許証再交付の条件が大きく緩和されました。これにより、「免許証写真の写りが悪かった」という理由でも再交付ができるようになりました。 

道交法改正で可能となった「写りの悪い免許証写真の変更」とは「免許証の写真が気にいらない」「身分証明書として何年間も同じ免許証を提示するのが苦痛」そのような人に朗報です。2019121日から、免許証再交付の要件が大幅に緩和され、「免許証の写真がイヤ」という理由であっても(どんな理由でもOK)再交付の申請が認められるようになりました。

意外と知らない人が多いのですが、運転免許証の顔写真は持ち込み写真を使うことも可能です。駅やコンビニなどに設置されているスピード証明写真でももちろんOK。最近では、納得いくまで撮り直しができるスピード写真もあります。持ち込み写真を使って免許証の再交付を申請すれば、手数料は掛かりますが、写真への不満とも無縁になります。また、写真の背景色についてもおなじみの青だけではなく、赤や黒など極端な原色以外であること、無地であること、着ている服の色や顔の輪郭と同化しない色であることが守られていれば、ほとんどの都道府県では何色でもOKとしています。ただし、加工写真はNG。小顔にしたり目を大きくしたり、顔の輪郭をシャープにしたりなど、アプリなどで加工した写真を使うことは禁止だそうです。カラーコンタクトなどを使って撮影した写真も認められません。

さらに嬉しいことに、再交付の手数料もこれまでの3500円から2250円と1250円もの大幅値下げとなりました。

いえとち本舗(いえとちほんぽ)で、家・土地・ローン、すべてお任せ!

金沢市内・白山・野々市・内灘・津幡・能美…などで新築・中古問わずマイホームをお探しの方!アパートなどの賃貸で家賃を月4万円以上払っている方!

マイホームに関するお悩み・不安をいえとちで解消しませんか?例えば…

「自営業の自分でも住宅ローンは組める?」

「頭金っていくら必要?なくてもいいの?」

「勤続年数が少ないから住宅ローンが通るか心配」

「住宅ローンが通らないという経験をしたので諦めている」

「年収400万の自分だと住宅ローンはいくら借りれる?」などなど、住宅ローンに関するお悩みはもちろん、建物のこと、土地の選び方もご相談に乗ります♪

まずはホームページをご覧下さい!→ http://ietoti-kanazawa.com/