シンデレラ

昨日開催された、フィギュアスケート四大陸選手権で

「シンデレラ」が誕生しました。

三原舞依選手。

一万人に一人と言われる難病「若年性特発性関節炎」を患い、長期療養を余儀なくされましたが、

今シーズンこの難病を乗り越えシニアデビューを果たすと瞬く間に実力を発揮し、

昨日の四大陸選手権では、初出場で優勝という快挙を成し遂げました。

 

私もテレビで見ていましたが、堂々としたノーミスの演技で、

200点越えの圧巻の演技で、SP四位からの大逆点での優勝でした。

 

来年の平昌オリンピックに向けて、若い才能が顔を見せてくれました。

楽しみが一つ増えましたね!